運転しやすい車とは?

運転が上手くなりたいけれど、どんな方法があるのでしょうか? 貴方はどんな方法で上手くなりたいですか? 最近では、ペーパードライバーのためだけの運転上達プログラムもあることを知っていますか? まずは運転が上手くなるために貴方に合った方法を選びましょう!

プロに学ぼう!

講習に行けば教えることのプロによって確実に運転が上手くなります。 しかしどの程度の時間が必要なのか、お金は? 使う車は? などなど、気になることがたくさんあると思います。 一つずつ紹介していくので、自分のライフスタイルに合うかどうかを確認してみましょう!

どんな方法があるのかな?

免許は取得したけれど、それはもう5年以上前の話、車になんて全然触っていないし、運転なんてもってのほか、なんて方いらっしゃいませんか?
主婦の方だけでなく、学生の方も実家を離れて一人暮らしをしている方は車が手元にないので運転練習することもできず、取ったはいいけれど、もう運転する自信はないなんて人も多いでしょう。
今回はそんな方々の不安を取り除くべく、運転上達法をまとめました。

さて、運転しようと思って必要なものは。やる気と免許証と車ですね。
そう、車です。
車にも運転しやすい車があることをご存知ですか?
これからまさに車を買おうとしている方、必見です。

まず、運転しやすい車はボンネットが短いものや車体が小さいもの、小回りが利くものです。
つまりは運転が苦手な人でも車体の位置が把握しやすく、大型に比べて操作がしやすいものです。

ここから先はいくつか具体例を挙げていきたいと思います。
まずは、ホンダのN‐BOXです。
運転席に座った時の目線が高く、見通しの良さはピカイチです。
雪道や雨の日などの滑りやすい路面や荒れた路面に入った時に4WDに切り替わるのも安心です。

次はトヨタのアクアです。
N‐BOXに比べると多少3つの条件は劣りますが気にならない程度でしょう。
アクアの魅力はエコな走りです。
ハイブリットシステムインジゲーターや、ドライブモニターなど、見やすいパネル表示で貴方のドライブをサポートしてくれます。

他にも運転しやすい車はまだまだあります。
自分に合った運転しやすい車を探してみてくださいね!

自学自習してみよう!

最後は講習を受けずに自分で運転技術を向上させていきたい方に、どのようなことに気を付けていただきたいかをまとめました。 助手席に誰かが座ってもらう場合でも、1人でウェブ上の教材を利用して本当に1人で練習する場合でも練習すべき時間帯があるのです。

▲ TOPへ戻る